印刷 | 通常画面に戻る |

民族解放戦線/FLN

アルジェリア人のフランスからの独立をめざす、民族運動の組織。1962年に独立を達成、政権政党として権力を乱用し、1990年代にイスラーム原理主義勢力との激しい内乱となる。

 略称はフランス語でFLN Front de Libération Nationale 1948年に結成されたアルジェリアの独立運動を目指す組織で、ベン=ベラの指導者としていた。次第にアルジェリア独立をめざす民族派を広く糾合し、1954年に対フランス独立武装闘争を開始し、アルジェリア戦争を戦った。
 1962年にフランスのド=ゴール大統領との間でエヴィアン協定が締結され、アルジェリアの独立を勝ち取った。アルジェリア民主人民共和国の独立後は社会主義体制をとり、一党独裁体制を続けたが次第に党員の特権階級化や腐敗が起こって非難されるようになり、国民の支持を失い、92年以降はイスラーム原理主義を掲げるイスラーム救国戦線との間で内乱状態となった。
 内戦を収束させた後、1999年にFLNのブーデフリカが大統領に当選し、内戦で荒廃した国土の再建、国際政治への復帰を進めているが、今度はブーデフリカ自身が憲法を改正して大統領任期を延長して長期政権を続けている。ブーデフリカ政権は2011年に隣国チュニジアで始まったアラブ世界の民主化(ジャスミン革命)の動きを警戒し、なおも言論弾圧を続けておいる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 ア.アフリカ諸国の独立