印刷 | 通常画面に戻る |

アラブの春

チュニジアでの民衆蜂起から始まり、2011年にアラブ諸国に広がったった、民主化と自由を求める運動。エジプト、リビアなどで独裁的政権が倒された。民主化後のアラブ各国での課題も多い。

チュニジアの民主化革命

 チュニジアの26歳の青年、失業中のムハンマド=ブーアズィーズィーは中部の町の街頭で果物や野菜の販売を始めた。無許可だったため警察官が商品とはかりを没収され、さらに女性警官から暴行を受けたうえ、没収品の返還と引き換えに賄賂を要求された。彼は抗議して2010年12月17日午前11時30分、県庁舎前でガソリンをかぶって焼身自殺した。それを知った青年と大衆は、翌2011年1月14日、首都チュニスで民衆暴動が発生、それまで独裁的な権力をふるっていたベン=アリ大統領は辞任に追い込まれた。この劇的な変革は、チュニジアで最も広く見られる花の名を付けてジャスミン革命と言われた。

アラブ諸国の民主化

 このチュニジアの民主化運動の成功は、アラブ各国の強権政治に苦しんでいた民衆にたちまちのうちに広がった。エジプトでは盤石と思われていたムバラク政権が倒れ、またリビアでは強大な権力をふるっていた独裁者カダフィ大佐が倒された。イエメンではサーレフ大統領が次期大統領選挙には出馬しないと表明した。アサド親子による40年に及ぶ独裁政権が続いたシリアでも民衆が蜂起したが、ここでは大統領側の抵抗が続き、政権は維持されている。
 このような2011年の一連のアラブ諸国における動きは、「アラブ革命」あるいは「アラブ民主革命」とも言われるが、マスコミによって「アラブの春」と呼ばれ、その呼称が定着した。
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

臼杵陽『世界史の中の
パレスチナ問題』
2013 講談社現代新書

古代から現代までをカバーしてパレスチナ問題の歴史的経緯を詳細に解説。新書版にしては大部だが最新情報まで含んでいて便利。