印刷 | 通常画面に戻る |

ルムンバ

ルムンバ
Patrice Lumumba 1925-61

アフリカの民族運動指導者。1960年にベルギー領コンゴの独立を達成するも内戦で殺害される。

 アフリカの黒人独立運動家で1858年コンゴ民族運動(MNC)を組織、エンクルマのパン=アフリカ運動に共鳴、1959年にはスタンレービルでベルギー領コンゴベルギーからの独立闘争を指導、1960年6月にコンゴ共和国(現在のコンゴ民主共和国)の独立を達成し、首相となった。

コンゴ動乱で殺害される

 しかし大統領カサブブと対立し、さらにカタンガ州分離派のモブツ将軍らが分離独立を主張しコンゴ動乱となった。ルムンバは国連軍の派遣を要請したが、国連はカタンガ州の鉱山資本と結んでいるモブツ政権を保護、9月に国連とアメリカの後押しによるモブツのクーデターによってルムンバは逮捕され、殺害された。コンゴには国連軍が派遣されていたが、ルムンバ殺害について傍観した。東西冷戦下に親ソ的な姿勢を示したルムンバ政権によって、カタンガ州の鉱山資源が国有化されることをおそれた国際資本とベルギーおよびアメリカがその排除を画策したのである。そして国連がそれに力を貸すこととなった。

Episode 息子よ未来は美しい-ルムンバの遺書

 コンゴ動乱のさなか、ルムンバ首相は反政府軍に捕らえられ、ベルギー軍の飛行機でカタンガに送られ、61年1月、チョンベ政権によって裁判なしに虐殺された。獄中でルムンバが妻と子に残した遺書にはこう記されていた。
(引用)あとにのこる息子たちに、もしかしたら二度とあえないかもしれない息子たちに、わたしはいいたい-コンゴの未来は美しい。わたしたちは息子たちに、一人ひとりのコンゴ人に期待するのと同様に、われわれの独立と主権を回復する聖なる課題をはたしてくれることを期待する。・・・・やがてその日がきて、歴史がかならず判定をくだすだろう。しかしそれは、ブリュッセルやパリ、ワシントンあるいは国連でおそわる歴史ではない。これは、植民地主義とその手先から解放された国々でおしえられる歴史である。アフリカは、じぶんの独自の歴史をかくだろう。そしてこれは、北アフリカでも南アフリカでも、栄誉と尊厳の歴史となるだろう。・・・<ルムンバ『息子よ未来は美しい』1961 理論社 p.130>