印刷 | 通常画面に戻る |

石油輸出国機構/OPEC

1960年に結成された、世界の産油国の協力機構。

 略称がOPEC(オペック)。Organization of Petroleum Exporting Countries 1960年9月、バグダードで結成された、イラク、イラン、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラ(中米の産油国)の産油5ヵ国による原油価格に関する国際カルテル組織。同年、国際石油資本であるいわゆるメジャーズが原油の公示価格を一方的に引き下げたことに反発した産油国は、サウジアラビアのタリキ石油資源局長を中心に結束し、産油国の利益を守るために油種具国機構を結成した。イランとベネズエラは非アラブ諸国である。後にカタール・インドネシア・リビア・アラブ首長国連邦・アルジェリア・ナイジェリアが加盟して11ヵ国となる。本部はウィーンにある。1968年にはこの中から、アラブ諸国のみでアラブ石油輸出国機構(OAPEC)が結成された。
 1973年の第4次中東戦争の際には、OAPECの原油輸出禁止措置と連動して原油価格の大幅引き上げを決定するという石油戦略をとり、欧米・日本に第1次石油危機(オイル=ショック)をもたらした。またそれ以降は、原油価格の決定権は、かつての国際石油資本(メジャーズ)の手から離れ、完全にOPECが掌握することとなっている。

現在(2008年)の加盟国

 イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラ、カタール、インドネシア、リビア、アラブ首長国連邦、アルジェリア、ナイジェリア、アンゴラ、エクアドルの13ヵ国。

※OPECに加盟していない産油国

 ロシア、ノルウェー、メキシコ、カザフスタン、カナダ、オマーン、イエメン、マレーシア、スーダン、ガボン、ブルネイ、エジプト、イギリス、インド、アメリカなど(アメリカとインドは産油国であるが、原油を輸入している)。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章4節 イ.米ソ両両大国の動揺