印刷 | 通常画面に戻る |

ハイデルベルク人

ドイツのハイデルベルクで発見された原人に属する化石人類の一つ。

 原人(ホモ=エレクトゥス)の中から、約60万年前にアフリカで枝分かれして生まれたのがハイデルベルク人(ホモ=ハイデルベルゲンシス)となり、その一部が中東・ヨーロッパに移動して約20万年前にネアンデルタール人となった、つまり、ハイデルベルク人は原人と旧人をつなぐ化石人類と見られている。それに対して、アフリカに残った原人から枝分かれしたもう一つがホモ=サピエンス、つまり新人につながると考えられている。

ヨーロッパ最古の化石人骨?

 ハイデルベルク人の化石は、1907年、ドイツのハイデルベルク郊外のマウエル採石場で発見された約50万年前の下顎骨を最初で、その後ヨーロッパ各地でいくつか見つかっている。頑丈な頭蓋や目の上の大きな隆起などの原始的な特徴と、1200CCほどの大きな脳、小さめの歯という現代的な特徴の両方が入り交じっており、同様の化石がアフリカでもみつかっているところから、ホモ=エレクトゥスから生まれて、次のネアンデルタール人につながると考えられている。その出現時期は約60万年前とされ、長い間、ヨーロッパ最古の化石人骨と言われてきたが、1994年、スペイン北部のブルゴス郊外、グラン・ドリーナ洞窟で、約80万年前の地層から化石人骨が発見され、その後もハイデルベルク人よりも古い化石人骨が見つかるようになった。これらの関係はまだ定説がないが、研究者の中にはグラン・ドリーナ洞窟などの人骨をホモ=サピエンスの一種とするものも出ている。<内村直之『われら以外の人類』2005 朝日選書 p.8>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章1節 ア.人類の進化