印刷 | 通常画面に戻る |

サルゴン1世

サルゴン1世の頭部像。
サルゴン1世の頭部像。

前2300年頃、メソポタミアを統一したアッカド人の王。

 メソポタミアセム語系アッカド王朝の王。正しくはシャルキン王という(サルゴンは『旧約聖書』に出てくるヘブライ語にもとづく英語表記。シャル=キンは「真の王」を意味する)。紀元前2300年頃、メソポタミア南部のシュメール人の都市国家を制圧して、はじめて統一国家を築き、「シュメールおよびアッカドの王」となり、その碑文には「上の海(地中海)から下の海(ペルシア湾)まで」(「四海の王」と言われる場合もある)を支配したとある。彼はメソポタミアに初めて領域的支配を打ちたて「戦争王(戦いの王)」とも言われた。周辺世界との交易を積極的に行ったらしく、サルゴン王時代の楔形文字の押された粘土板文書には、インダス文明を示すと思われる「メルッハ」や、オマーン、バーレーンとも交易を行っていたことが記されている。なお、後のアッシリア帝国にも前8世紀にサルゴンを名のる王が出現する(サルゴン2世が有名)。図は、アッカド人のサルゴン1世あるいはナムラ=シン王のものとされている実物大の頭部像。高さ36センチで青銅製。ニネヴェ出土で現在はイラク博物館蔵。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章1節 イ.シュメール人の都市国家