印刷 | 通常画面に戻る |

1週7日制

7日を単位として生活習慣のサイクルとする暦法。バビロニア起源とも言う。ローマ帝国領内で広がった。

1週7日制の説明

 ほぼ30日続く1ヶ月を幾つかに分けて生活のリズムにしようというのが週であるが、その分割の目安として天空にかかる月が、新月→上弦→満月→下弦→晦(かい)と変化していく周期がほぼ7日であることから、多くの地域で7日を周期とする区分が行われていた。メソポタミア文明バビロニアにその起源を求める説があるが、週は世界各地で多極的に発生したと考える方が妥当である。
 キリスト教の週7日はユダヤ教に由来し、旧約聖書の教えを守り第七日を休息日としたが、各曜日に曜日名はつけていなかった。ローマ帝国内で週の習慣が広がり、7日間のそれぞれに太陽、月と5惑星(火水木金土)の名が冠せられた。北ヨーロッパの諸言語では太陽・月・土を除く他の4星の名は消え、北欧神話の神々の名が付けられた。
 中国では週に相当するものとして「旬」が使われ、それは1ヶ月を10日ずつ三分する。殷の時代に旬の第一を甲、第2日を乙・・・と呼ぶようになり、それが十干の起源となった。<『世界史を読む事典』岡田芳郎氏執筆の「暦」の項より要約 1994 朝日新聞社刊 地域からの世界史20>

なぜ一週間は七日なのか? ブアスティン説

(引用)“古代ギリシアには週はなかったらしい。ローマ人は八日を一週間として生活していた。農民は畑で七日間働き、八日目には町へ出かける・・・それが市の日(ヌンディナエ)である。これは仕事を休むお祭りの日で、学校も休みになり、公の告示がなされ、友人とのつきあいを楽しむ機会だった。ローマ人がいつ、どんな理由から八日を単位にしたのか、またその後一週間を七日に変えたのはなぜかは明らかではない。七という数字は、世界中のほぼいたるところで特別に扱われている。日本には七福神があるし、ローマは七つの丘の上に築かれた。古代人は世界の七不思議を数えあげたし、中世のキリスト教徒は七つの大罪を戒めた。ローマ人が週を八日から七日に変えたのは、何らかの公的な措置によるわけではなさそうである。紀元前三世紀初頭には、ローマ人は一週間を七日として生活していた。何らかの新しい考え方が広まり、人々の気持ちをとらえたにちがいない。その一つは安息日という考えである。これはユダヤ人を通じてローマにもちこまれたらしい。「安息日をおぼえてこれをきよくすべし」と十戒の第四条に述べられている。(旧約聖書、出エジプト記)・・・・週ごとに、神の被造物は天地創造を模倣したのである。ユダヤ人たちは週を、自分たちが奴隷の身分から解放されたことの記念ともしていた。 (旧約聖書・申命記)・・・ユダヤ人が安息日を守るとき、彼らはすべてがくりかえされるという世界の本質を劇的にあらわしていた。そこには、あまり神の言葉とはかかわりのない他の力も働いていた。たとえば、心身を一新したいという人間の欲求である。七日目を休息の日-まさに安息日を意味する-とする考え方は、ユダヤ人のバビロン捕囚(前597)の時代からつづいていたのだと思われる。バビロニアではある特定の日-一月のうち、七日、十四日、十九日、二十一日、二十八日-を祝い、この日には王もいくつかの特別な活動が禁じられていた。”<ダニエル・ブアスティン『どうして一週間は七日なのか』大発見1 1988 集英社文庫 p.40>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章1節 ウ.メソポタミアの統一と小アジア
書籍案内

『世界史を読む事典』
1994 朝日新聞社刊
地域からの世界史20

D.ブアスティン/鈴木主税訳
『どうして一週間は七日なのか』大発見1
1988 集英社文庫