印刷 | 通常画面に戻る |

太陰暦

月の満ち欠けを基準にする暦法。

 太陰暦は、人類が最も早く用いた暦法であると考えられ、占星術が行われていた古代メソポタミア文明や中国文明で生まれ、現在ではイスラーム暦に見ることができる。季節が一巡する周期、つまり太陽の公転周期は月の公転周期は約365日であったが、この数字は古代人が日常使用する数字としては大きすぎたので、古代人は月の満ち欠けの周期(中国では新月を朔、満月を望としてその周期を朔望月という)を1月とし、その12回の周期を1年とした。これが太陰暦であり、1ヶ月は約29.53日であるので、1年は345日となる。しかし、これでは季節の変化とずれが生じるので、メソポタミアや中国では345日と365日の11日の差を閏月を設けることで、実際の季節の変化にあわせる太陰太陽暦が用いられるようになった。一般に太陰暦といっているのは、実際にはこの太陰太陽暦である。太陰太陽暦に対して、太陽暦はエジプトで始まり、ローマのユリウス暦を経てグレゴリウス暦がつくられ、現在広く使用されるようになった。日本でも1872年(明治5年)に太陽暦に切り替えられた。なお、完全な太陰暦はイスラーム暦(ヒジュラ暦)であり、これは現在でもイスラーム世界で使われている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 ウ.メソポタミアの統一と小アジア