印刷 | 通常画面に戻る |

ラメセス2世

前13世紀、エジプト新王国の王。ヒッタイトと抗争。

 エジプト新王国の第19王朝の王(在位1290~24年ごろ)。トトメス3世と並ぶエジプト史上の英主の一人とされ、レメセス大王とも言われる。治世の前半は、ヒッタイトに奪われたシリアの回復のための戦争、後半は王権を飾る巨大な神殿の建造にあけくれた。ヒッタイトとの抗争では前1286年頃、2万の軍を率いてシリアに進出、カデシュの戦いでヒッタイト王ムワタリと対決、一時は危機に瀕したが、超人的な活躍で態勢を立て直し、勢力圏を確保した。また和平成ってからは巨大な建造物の造築に務め、有名なカルナック神殿、ルクソール神殿を完成させ、さらにアブシンンベル神殿アスワン=ハイダムの建造によって水没することとなったため、UNESCOの協力によって崖の上に移築された)を建設した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 エ.エジプトの統一国家