印刷 | 通常画面に戻る |

パルティア/アルケサス朝ペルシア

前3~後3世紀まで、イラン系遊牧民がセレウコス朝シリアから自立し、イラン高原に建国した国家。ローマと対抗し、中国では安息国として知られた。226年、ササン朝に滅ぼされた。

 前3世紀の中頃から226年までのイラン系民族の国家。アルサケス朝とも言い、パルティア帝国ともいう場合もある。パルティアはイラン西北部ホラーサーン地方の一部で、カスピ海南岸の地方。前3世紀にバクトリア王国に追われた中央アジアの遊牧イラン人パルニ族がこの地に定住、ヘレニズム国家の一つセレウコス朝シリアの支配を受けていた。前248年、パルティアはセレウコス朝から独立して、族長アルサケスが前238年に即位しアルサケス朝を開いた。都はいくつかを移動した後、イラン北部のヘカトンピュロスとされた。セレウコス朝滅亡後、イラン高原からメソポタミアに進出し、クテシフォンに遷都。紀元後1~2世紀には、西のローマ帝国、北のバクトリア、東のクシャーナ朝と争いながら、東西交易路を抑え、繁栄した。3世紀にササン朝ペルシアに滅ぼされる。

建国

 前248/247年、パルティアのサトラップであったアンドラゴラスが独立したが、それにはパルニ族を率いていたアルサケス(イラン語ではアルシャク。そのギリシア語表記がアルサケス)と弟ティリダテスが関わっていた。アルサケスは前238年、アンドラゴラスを破ってアサークで即位した。セレウコス朝シリアは遠征軍を送ってそれを阻止しようとしたが、追い返されアルサケス朝(パルティア)はまずイラン高原に確固たる支配権を確立した。

全盛期

 前2世紀にはミトラダテス1世(前171~前138)の時に強大となり、シリア・イラク方面に進出し領土を拡大すると共に、パルティア独自の貨幣を発行するなど、帝国としての基盤を作った。この貨幣には王は「ギリシアを愛する」という銘を刻ませた。
ギリシア風貨幣の鋳造 パルティア(アルサケス朝イラン)のもとでもギリシア人都市は繁栄を続けた。ミトラダテス1世以後のパルティアの諸王はギリシア人の工人を使って貨幣を鋳造した。その貨幣ではアフラ=マズダやミスラ神などイラン人の神がギリシアの神々(ゼウスやアポロ)の神々の姿で刻印された。<メアリー=ボイス/山本由美子訳『ゾロアスター教』2010 講談社学術文庫 p.167>
 パルティア王国の諸王はイラン人の伝統的宗教であるゾロアスター教を国教とすることはなかったが、他の宗教に対してと同様に寛容であったので、前代のアケメネス朝時代に王権と結びついていたゾロアスター教は、パルティアにおいても存続し、その伝統を維持した。

ローマとの抗争

 次のミトラダテス2世はアルメニアをめぐってローマと対立、前62年にスラと交渉してユーフラテス川を両国の境界と定めた。前1世紀中頃のオロデス2世は、ティグリス川に面したクテシフォンに遷都し、メソポタミアからシリアにその勢力を伸ばし、たびたびローマ軍と戦い、前53年のカルラエの戦いでは、カエサルのライバルの一人であったクラッススの率いる4倍以上の大軍を破り戦死させた。

パルティアに奪われたローマの軍徽章

 紀元前53年、ローマの将軍クラッススはパルティア軍の奇襲にあって敗れ、自身が殺されただけでなく、ローマ軍の軍徽章も奪われた。「栄光あるローマ軍にとって、また比肩する国とてない大国ローマにとって、唯一とも言える汚点だった。(後にローマの覇権を握った)アウグストゥスは、大軍出兵を示唆しながらパルティアに圧力をかけ、同時に、偶然ローマに身を寄せていたパルティアの王子を人質として利用し、軍徽章の奪還に成功する。紀元前20年5月12日、軍徽章をパルティア王フラアテス4世から受け取ったのはティベリウスである。」アウグストゥスはこの軍徽章奪還記念の凱旋門をローマに建設したが、現在はのこっていない。<青柳正規『皇帝たちのローマ』1992 中公新書 p.137>

衰退と滅亡

 しかし、その後は王位をめぐる有力氏族間の争いやローマの干渉もあって次第に内紛が激しくなり衰退した。紀元後2世紀の114~117年にはローマ皇帝トラヤヌスの東方遠征が行われ、ローマ軍に都クテシフォンを占領されている。このとき、アルメニアとメソポタミアは一時ローマに割譲したが、その後奪回した。さらに2世紀中ごろアルメニアをめぐってマルクス=アウレリウス=アントニヌスの時にもローマと戦い、このときも敗れてクテシフォンを占領されている。このローマ帝国との抗争は次第に国力を消耗させ、次の3世紀に衰退し、226年に農耕を主としたイラン人のササン朝ペルシアによって滅ぼされる。

中国資料でのパルティア

 パルティアは中央アジアを経由して中国とも接触があったらしく、中国の史料(『史記』)で「安息」という名で出てくる。この名はアルサケスの音がなまったものといわれている。さらに後漢の時代には西域都護班超の部下の甘英が大秦国(ローマか)に派遣される途中、この国に到達したという。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 キ.パルティアとササン朝