印刷 | 通常画面に戻る |

マッサリア

ギリシア人の植民都市で、現在のマルセイユ。

 現在の南フランス最大の港である現在のマルセイユ。前600年頃、イオニア地方のフォカイアの人々が移住して建設したギリシア人の植民市として始まる。マッサリアは西地中海の交易の中心として栄え、現在の南フランスからスペインにかけて進出した。また、さらにブリテン島産の錫(すず)はビスケー湾からピレネー山脈北側を通ってまっさりあに運ばれ、そこからローマに運ばれていた。そのためマッサリアはローマにとって重要な都市となり、ガリア地方への進出の拠点ともなった。前3世紀末、カルタゴがイベリア半島に進出し、マッサリアの交易圏を脅かしたことが第2次ポエニ戦争の要因の一つとなった。
  中世の十字軍時代には自治都市であり、十字軍の船団の出港地として栄えたが、1481年にフランス王領に編入された。。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ウ.ポリスの成立と発展