印刷 | 通常画面に戻る |

オリンピアの祭典

オリンピアの神々に奉納されたスポーツの祭典。

 古代ギリシアのペロポネソス半島の西北にあるオリンピア(オリュンピアとも表記)の神域で、祭神ゼウスに捧げる神事として行われた競技会。開催場所はアテネではないこと、またオリンポス山(ギリシア北部にあり、十二神が住むとされている山)とも違うことに注意。オリンピアの地は、デルフォイとともにどのポリスにも属さず、ギリシア全体の崇拝を受ける地であった。古代オリンピック消滅後、長く荒廃していたが、1766年にイギリス人のチャンドラーという人が発見し、発掘が始まった。現在も断続的に発掘が続いている。

オリンピア競技会の始まり

 競技会の最古の記録は紀元前776年にさかのぼる。ギリシアではオリンピア開催年を基準に年代を数えたので、この年がその起点となっている。この前8世紀は、まさにギリシアのポリス(都市国家)が形成されつつあった時期であった。オリンピアの祭典は、デルフォイの神事と並び、ギリシア人ヘレネスとして同一の世界を形成していることをたしかめるポリスの枠を越えた“国際的祭典”として挙行したものであった。
 前580年からはペロポネソス半島西北のエリスという小ポリスが主催権を持つようになり、大国に左右されなかったため長く存続できた。競技会は4年に一度開催され、全ギリシアの祭事でであり、その間は「神聖な休戦」といわれて戦争は中止された。参加するのはギリシア人の男性市民のみで、全裸で競技した。現在の陸上競技やレスリングなどが主な種目であり、水泳はなかった。もちろん柔道も。全裸いとっても重装歩兵の格好で走る競技はあったという。最も人気があったのは戦車競争だった。勝利者にはオリーブの冠のみが与えられ、それが名誉なこととされる、本来のアマチュアリズムの精神であった。

オリンピア競技会の終わりと復活

 オリンピア競技会はポリスが衰退してもギリシアの祭事として続けられ、ローマ時代には国際化したが、ローマ時代末期、テオドシウス帝のキリスト教国教化(392年)に伴い、異教的な祭りとして否定され、393年を最後に停止された、といわれている。それが近代オリンピックとして復活するのは、フランスのクーベルタンの提唱によって第1回近代オリンピックがアテネで開催された、1896年のことである。2004年夏、21世紀最初のオリンピックがアテネで開催されたことは記憶に新しい。<桜井万里子・橋場弦編『古代オリンピック』2004 岩波新書 などによる>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ウ.ポリスの成立と発展
書籍案内

桜井万里子・橋場弦
『古代オリンピック』
2004 岩波新書