印刷 | 通常画面に戻る |

レオニダス

ペルシア戦争のテルモピュライの戦いで300人隊を率いて活躍したスパルタ王。

ペルシア戦争でのテルモピュライの戦い(前480年)で、300人隊を率いて奮戦し、戦死したスパルタの王。ヘロドトスによると、先祖はヘラクレスにつながるスパルタの王家の出で、二人の兄が死んだため、王位についた(スパルタは二人王政であった)。ペルシア軍が南下してペロポネソスに迫り、他のポリスにはペルシアに降るものもでる中で、スパルタはペロポネソスの外でペルシア軍を迎え撃つべく、レオニダス王自らが300人隊を選び、テルモピュライに陣を敷いた。レオニダスと三百人隊は奮戦したが、ついに全滅、レオニダス自身も戦死した。レオニダスはギリシアの英雄とされ、現在もその地に銅像が建てられている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 キ.ペルシア戦争とアテネ民主政