印刷 | 通常画面に戻る |

ペルシア戦争

前5世紀前半、アケメネス朝ペルシア帝国とギリシア都市国家連合との戦争。ギリシア人植民市のイオニアの反乱から始まり、ほぼ4次にわたりペルシア軍が陸路・海路からギリシアに侵攻したが、アテネ・スパルタなど諸ポリス連合軍がそれを撃退、戦後は特にアテネでの民主政が確立した。

 紀元前500年から紀元前449年にいたる約50年間に、4回にわたって展開された、ギリシアのアテネを中心とするポリス連合軍と、アケメネス朝ペルシアの戦争。ペルシアが支配権を持っていたイオニア地方のギリシア人植民市がペルシアの支配に不満を持って前500年に起こした、イオニアの反乱が始まりで、ペルシアのダレイオス1世(大王)はそれを鎮圧したが、援軍を送ったアテネなどのギリシアのポリスに対し、大遠征軍を送った。前492年の第1回遠征は暴風のため失敗したが、その後前490年からの第2回、前480年からの第3回とギリシアに遠征軍を送った。一時はペルシア軍がアテネを占領し、世界帝国の膨張の前にギリシアのポリス世界も最大の危機を迎えたが。しかしギリシアはアテネを中心にポリスの連合軍が陸上では重装歩兵密集部隊戦術で、海上戦ではアテネ海軍の三段櫂船戦術でよく戦って優位を占め、ペルシアは主導権を取れなかった。
 なお、このときペルシア海軍の主力となったのはフェニキア人であり、地中海の交易権をめぐり常にギリシアと対立していたフェニキアはこのときペルシアに協力した。従ってペルシア戦争は一面、ギリシアとフェニキアの戦闘という面もある(事実、前479年にはフェニキア人の植民都市カルタゴの海軍が、シチリアのギリシア人植民都市シラクサを攻撃し失敗している)。
 結局前479年の第4回遠征では、ペルシアは陸上と海上で敗れ、ギリシアから撤退し、イオニア地方の独立は認められた。その後もペルシアは再征の機会をねらい、ポリスの対立をあおるなどギリシアに干渉を続けるが、前449年、アテネのペリクレスの時にカリアスの和約を結んで終結した。
 後にマケドニアのフィリッポス2世はペルシアへの報復をかかげてギリシアを統一、その子アレクサンドロスが東征を行い、前330年、アケメネス朝ペルシアは滅亡する。
 ペルシア戦争の経緯を記述し、ギリシアの偉大な勝利の記憶を後に残すために著されたのがヘロドトスの著した『歴史』である。

ペルシア戦争の意義

 一般的にオリエント的専制に対するポリス民主政社会の勝利とされる。この勝利によってアテネを中心とするギリシアのポリス民主政が完成される。専制政治に対する民主政治の勝利、という意義付けは近代および現代の価値観と合致するが、単純に普遍化することが出来ないことは言うまでもない。
 ギリシアの勝利と言っても、ペルシア帝国の侵入を阻止したと言うことであり、ペルシア帝国が敗北して直ちに滅亡したのでないことに注意する。その後もペルシア帝国は勢力を維持し、たびたびギリシアに介入している。ギリシアのポリスの中にもペルシア帝国の力に従うものもあり、それがペロポネソス戦争の一因であった。ペルシア帝国の滅亡は、百年以上後の前330年、アレクサンドロス大王の東方遠征によってペルセポリスが破壊されたときである。

ペルシア戦争(第1次)

ペルシア軍の最初の侵攻。前492年、ペルシアの陸軍がギリシア本土への侵攻をはかったが、海軍が暴風雨のため引き返したため、本格的戦闘にはならなかった。

 イオニアの反乱に際し、ギリシア本土のアテネなどのポリスがミレトスを応援したことに対し、ペルシアのダレイオス1世は懲罰の意味で軍隊を送ることとした。前492年、トラキア地方を侵略したが、海軍がエーゲ海北岸のアトス岬で暴風にあって壊滅、引き揚げた。なお、ペルシア戦争では以後4回まで戦闘が行われたが、これを第1回と算えない場合は、前490年の戦いを第1次として、3回の戦闘があったとすることもある。

ペルシア戦争(第2次)

前490年のダレイオス1世軍によるペルシア軍による本格的なギリシア本土侵攻。マラトンの戦いでアテネ陸軍がペルシア軍を撃退した。

 前490年、再びアテネなどのポリスの討伐を目的にペルシアのダレイオス1世が遠征軍を派遣した。エーゲ海の島々を制圧しながらギリシア本土のアッティカ地方に上陸、マラトンの戦いとなった。迎え撃ったミルティアデス指揮のアテネ軍は重装歩兵密集部隊の活躍でそれを撃退した。なお、前492年の遠征からマラトンの戦いまでを一連の動きととらえて、第1次ペルシア戦争とする場合もある。

ペルシア戦争(第3次)

ペルシア軍が前480年にギリシア本土に再び侵攻した戦争。テルモピュライの戦いではスパルタ陸軍が敗れたが、サラミスの海戦でアテネ海軍が勝利した。

 前480年にペルシア帝国のクセルクセス1世がギリシアに侵攻して始まり、テルモピュライの戦いでスパルタ軍を破り、アテネを占領したが、アテネ海軍とのサラミスの海戦に敗れ、撤退した。なお、前492年の遠征と前490年の戦いをあわせて第1次とする場合は、この前480年の戦いを第2次とする。
 クセルクセス1世は自ら大軍を率い北方からギリシアに侵入、テルモピュライ(テルモピレー)の戦いでスパルタ王レオニダスの指揮する陸軍を破り、ついにアテネに入り、火を放った。アテネの指揮官テミストクレスは婦女子を避難させ、男子はすべて三段櫂船の海軍に乗り込ませ、サラミスの海戦でペルシア海軍と決戦、勝利した。クセルクセス王は陸上の決戦を避け、帰国した。帰国の後、彼は家臣によって暗殺された。

Episode ペルシア帝国の多民族軍

 クセルクセス1世のギリシア遠征軍はかつて無い大軍であった。ヘロドトスの文を借りれば「アジアに住む民族で、クセルクセスがギリシア遠征に従えなかった民族が一つでもあっただろうか。また大河川は知らず、この大軍勢の飲料に充てられて枯れ果てなかった河川があったろうか。」となる。陸上部隊の総数は170万に上り、動員された民族はペルシア人をはじめ、メディア人、アッシリア人、バクトリア人、スキタイ人、インド人、パルティア人、ソグディアナ人、アラビア人、エジプト人、エチオピア人などで、それぞれ民族独自の武装をして参加した。またフェニキア人やシリア人は1207隻の三段櫂船を提供した。<ヘロドトス『歴史』巻七 60~100節 岩波文庫(下) p.50-65> まさに、多民族軍という感じである。

ペルシア戦争(第4次)

ペルシア軍が前479年に行ったギリシア侵攻であるが、陸上ではプラタイアの戦いで、会場ではミュカレの海戦でいずれも敗れ、撤退した。前449年に講和が成立しペルシア戦争が終わった。

 サラミスの海戦で敗北したペルシア帝国のクセルクセス1世は戦闘意欲を失い帰国したが、なおペルシア軍はギリシア北部に残存し、翌前479年に再び南下してアテネに迫った。しかし、アテネとスパルタの連合軍は将軍パウサニアスが指揮し、プラタイアの戦いでペルシア軍の侵攻を阻止した。海上ではミュカレの海戦でペルシア海軍が全滅。ペルシアのギリシア征服は完全に失敗に終わった。その結果、イオニア諸都市は独立を回復。また西方のシラクサ(ギリシア人の植民都市)でもカルタゴ(フェニキア人の植民都市)海軍を撃退、東西でギリシアは勝利を得た。

ペルシア戦争の完全終結まで

 前479年でペルシア戦争の本格的戦闘は終わったが、まだ交戦状態は続き、こぜいらいがあった。またギリシア側ではペルシア戦争後の主導権を巡って、アテネとスパルタの対立が表面化し、その情勢を見てペルシア帝国が介入、複雑な外交交渉が続いた。アテネはデロス同盟の盟主として「アテネ帝国」化を進めるとともに、国内でペリクレスが民主政を完成させ、全盛期を迎えた。この前479年から前431年のペロポネソス戦争勃発までの50年間を「五十年期」といっている。
  • 前477年には、ペルシアの再侵攻に備えて、アテネを盟主としてデロス同盟が結成された。アテネは同盟を通じて他のポリスに対する統制を強めたが、もう一つの大国スパルタとの関係が次第に悪化した。
  • 前470年にはサラミスの海戦で名声を挙げたテミストクレスが武勲を鼻にかけて傲慢になり、陶片追放でアテネを追われた。
  • 前464年にはスパルタで大地震が発生、同時にヘイロータイの大反乱がおこった。アテネの親スパルタ派キモンはスパルタの要請を受け4千人の重装歩兵を派遣し、ヘイロータイの反乱を鎮圧した。しかし、スパルタがアテネ軍の駐留を危険視して撤退を申し入れたため、キモンの面目はつぶれ、前461年に陶片追放によって追放された。代わって若きペリクレスがアテネの新指導者として登場した。
  • 十年の追放を終えてアテネに戻ったキモンは艦隊を率いてペルシア帝国からキプロス島を攻撃。キモンは途中で死んだがアテネ海軍はキプロス島の奪回に成功した。
  • 前449年、アテネは対ペルシア、対スパルタの両面戦争に終止符を打ち、「カリアスの和約」でペルシア戦争は正式におわった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 キ.ペルシア戦争とアテネ民主政
書籍案内

ヘロドトス/松平千秋訳
『歴史』上 岩波文庫

ヘロドトス/松平千秋訳
『歴史』中 岩波文庫

ヘロドトス/松平千秋訳
『歴史』下 岩波文庫