印刷 | 通常画面に戻る |

ヘロドトス

ギリシア古典期の歴史家で『歴史』を著した。

 前5世紀のギリシア・アテネの歴史家。ペルシア戦争を描いた『歴史』を著す。この書はギリシアのみならず、オリエント世界についての正確な情報も提供する、優れた歴史書であり、かつ、人類最初の本格的な歴史叙述とされ、ローマの弁論家キケロは彼を「歴史の父」と賞賛した。『歴史』の中で「エジプトはナイルのたまもの」と評したことも有名。
 ヘロドトスは前480年(つまりペルシア戦争が始まった頃)、小アジアの西南部のハリカルナッソスに生まれた。前455年頃、デロス同盟の盟主として全盛期を迎えていたアテネに滞在し、その後は小アジア、エジプト、南イタリアなどを歴訪した。彼はアテネの繁栄のもととなったペルシア戦争の歴史を書いたが、それはアテネの立場からだけではなく、ペルシアなど東方世界に対する広い見聞と知識によって豊かなものとなった。

『歴史』

ヘロドトスの著した、ペルシア戦争を中心とした歴史書。

 前5世紀のヘロドトスによって書かれたペルシア戦争を主題とした歴史書。古代ギリシアのみならず、人類最古の歴史書とされる。ただし正確な記録と言うよりは、「物語風の歴史」とされるのが特徴で、人物や戦闘が生き生きと述べられており、その点ではホメロスのトロヤ戦争の記述に近いものがある。ただし、ヘロドトスは直接ペルシア戦争に参加してはいないので、資料的価値としては高くはない。それよりもギリシアからオリエントにかけてのさまだまな情報を伝えている宝庫として貴重である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 コ.ギリシアの生活と文化
書籍案内

ヘロドトス/松平千秋訳
『歴史』上 岩波文庫