印刷 | 通常画面に戻る |

イデア論

古典期ギリシアの代表的哲学者プラトンの中心的概念。

ラファエロの『アテネの学堂』(部分)
ラファエロの
『アテネの学堂』(部分)
 プラトンの思想の中核となる言葉で、不完全な現実の世界に対して、完全で真実である世界をイデアといい、プラトンによればそれは実存するのだ、という。彼はそれを説明するのに、有名な「洞窟の比喩」を使う。つまり、仮に牢獄である洞窟に閉じこめられていて、外の世界を知らない人は、外界から差し込む光による影だけが現実のものとして映る。それと同じように、実際の人が見ている現実は、イデア界の影にすぎないのだ、という。このプラトンの考えは、師のソクラテスから引き継いだ、ソフィストたちの相対主義的を克服して絶対的な「真理の探究」をめざすものであった。その弟子のアリストテレスは、プラトンのイデア論に対し、現実を真実のものと見ることを主張した。両者の考えの違いは、大まかに言えばプラトンの観念論とアリストテレスの経験論という二つの大きな潮流の源流となり、後の西洋の哲学に流れ込んでいく。

参考 ラファエロの『アテネの学堂』

 ルネサンスの画家ラファエロの作品にヴァチカン宮殿「署名の間」の壁画『アテネの学堂』がある。倫理の教科書などでお目にかかるかもしれない。その中央に描かれている二人、左がプラトンで右がアリストテレスである。その二人の手をよく見ると、プラトンは天上を指し、アリストテレスは地上をさしている。これはプラトンがイデア界に真理が存在すると主張したのに対し、アリストテレスが現実の中に真実がある(形相を持つものが真実である)と反論していることを示している。アテネの学堂、つまりアカデメイアにおける二人の論争を描いているわけである。なお、この巨大な壁画にはギリシアの哲学者や科学者を描いているが、ラファエロや同時代の画家をモデルにしたという。一説には、プラトンはダ=ヴィンチをモデルにしたらしく確かにその自画像とよく似ている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 コ.ギリシアの生活と文化