印刷 | 通常画面に戻る |

ソフィスト

アテネなどギリシアのポリスで弁論術を教えた知者たち。

ソフィスト、とは「知恵ある者」の意味で、前5世紀ごろ、アテネなどのポリスの市民に、弁論術や自然科学などを教えて報酬を受ける、いわば家庭教師たちのことを言う。彼らは真理の探究よりも、いかに相手を論破するかということに力を注いだので、詭弁に陥ることが多かった。代表的なソフィストとしてプロタゴラスがいる。ソフィストの相対主義的な思考を厳しく批判して、徹底した対話の方法によって絶対的な真理を目指したのがソクラテスであった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 コ.ギリシアの生活と文化