印刷 | 通常画面に戻る |

パウロ

イエスの使徒。1世紀中頃、小アジア、ローマで布教し、イエスの教えを普遍的な世界宗教キリスト教に高める役割を果たした。

 パウロはユダヤ人で、ユダヤ教のパリサイ派に属し、イエスに敵対していたが、あるとき突然「なぜ私を迫害するのか」というイエスの声を聞いて、回心し使徒となったと伝えられる。
 パウロはローマに行き、51年ごろから、さかんに布教した。64年ネロ帝のキリスト教徒迫害のときに、ペテロとともに殉教したとされる。なお、パウロは英語読みではポール Paul。

キリスト教の世界宗教への脱皮

 パウロはギリシア語を話すことが出来、ローマ市民権ももっていたので、小アジアの非ユダヤ人(異邦人)の間に初めてイエスの教えを伝えることができた。パウロによって非ユダヤ人にイエスの教えが広がるに伴い、イエスは単なるユダヤ人の救済者にとどまらず、神そのものであり、すべての人間を愛し、救済するという思想も生まれてくる。そこから、この宗派はユダヤ教と決定的に違う「キリスト教」となり、民族の枠を越えた「世界宗教」へ脱皮したといえる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 キ.キリスト教の成立