印刷 | 通常画面に戻る |

ハルシャ=ヴァルダナ

7世紀に北インドを統一してヴァルダナ朝を建てた人物。

7世紀、北インドを統一したヴァルダナ朝の王。単にハルシャ王ともとも表記。在位606~646年。中国では戒日王として知られる。仏教とともにヒンドゥー教も保護し、インド古典文化の最後の繁栄を出現させた。この時代、中国の唐の僧玄奘が仏典を求めてインドに来たことが特筆される。また641年、唐の太宗に使節を送り、唐王朝は答礼使として王玄策を派遣したことが知られている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章1節 キ.インド古典文化の黄金期