印刷 | 通常画面に戻る |

チャーハマーナ朝

北インドのラージプート諸国の一つ。1192年、イスラーム勢力に敗れる。

 10~12世紀のインドラージプート諸国の一つで、ラージプート時代に北インドを支配した。はじめプラティハーラ朝に従っていたが、10世紀半ばに独立、12世紀に全盛期となり、デリーに進出した。

ゴール朝の侵攻に敗れる

 1191年、中央アジアのイスラーム教国ゴール朝ムハンマドが軍を率いて侵攻してくると、チャーハマーナ朝のプリトゥヴィーラージャ3世はラージプート諸国の連合軍を率いて戦い、デリー近くのタラーインでこれを撃退した。しかし、翌年、ふたたびゴール朝軍が侵攻してくると、ラージプートの連合は内紛から分裂したため、敗北した(第1次、第2次のターライン戦争)。この敗北によって王が処刑され、チャーハマーナ朝は滅亡し、イスラーム勢力(ムスリム)によるインド支配の道が開けることになった。 → インドのイスラーム化

用語リストへ 2章1節

 ◀Prev  Next▶ 


印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章1節 キ.インド古典文化の黄金期