印刷 | 通常画面に戻る |

ゴール朝

アフガニスタンのイスラーム教国。インド侵入をくり返す。

ガズナ朝の領内のゴール地方(アフガニスタン中部)から起こった勢力が、1148年に独立し建国したイスラーム王朝。1186年にガズナ朝を滅ぼし、アフガニスタンからイランを支配、たびたびインドに進出した。その王ムハンマドはパンジャーブを平定した後、インドでのイスラームの布教につとめた。1192年、ムハンマドはラージプート諸侯軍を破り、北インドを平定した。1203年にはベンガル地方にあったパーラ朝を滅ぼし、その際にはナーランダー僧院を破壊した。これによってインドにおける仏教の繁栄は終わりをつげた。その後、その地の統治を部下のアイバクに任せ、自らはガズナに戻ったが1206年暗殺され、ゴール朝は分裂状態となった。北インドにはアイバクが奴隷王朝を建てて自立し、アフガニスタン、イラン方面に残ったゴール朝は1215年にホラズムによって滅ぼされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章3節 ア.イスラーム勢力の進出とインド