印刷 | 通常画面に戻る |

ビルマ文字

ビルマ人がインドの文字を元に作った文字。

ビルマ文字
ビルマ文字
『図解アジア文字入門』
河出書房新社 p.37
ビルマ人(現ミャンマー)で使用されている文字で、クメール文字と同じくインドのブラーフミー文字(ヒンディー語を書き表す文字)の系統にある文字(漢字系統とは全く違う)。9世紀中頃中国南西部からイラワディ川流域の平野に進出したビルマ人、東南アジア大陸部で進んだ文化を持っていたモン人の使用していた文字を借りて作った。丸い字形が特徴だが、これはヤシの葉(貝葉)に書くためであったらしい。右はビルマ文字の例(ミンガラーバー、あいさつのことば)<『図解アジア文字入門』河出書房新社>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容