印刷 | 通常画面に戻る |

ビルマ人

中国南部から東南アジア西部に広く居住する民族。チベットから南下して10世紀にパガン朝を建設。一時衰えたが、トゥングー朝で復興。18世紀のコンバウン朝の時、隣国タイに侵攻。19世紀にはイギリスの植民地支配を受ける。

パガン朝

 ビルマ人はもとチベットから中国甘粛省のあたりに居住し、南詔に属していたらしいが、8、9世紀ごろから南下し、イラワディ川流域の平地に定住するようになった。先住民である中流のピュー人や、下流のモン人を征服しながら、文字や上座部仏教を彼らから受け入れ、潅漑農業を学んで勢力を強め、11世紀までにビルマ最初の統一国家パガン王国をつくった。

トゥングー朝、コンバウン朝

 パガン朝は13世紀に元のフビライ=ハンの侵攻を受けて滅び、イラワディ流域にはモン人のペグー朝が登場するが、ビルマ人はやがて復興し、16世紀にトゥングー朝を建てた。18世紀に興ったコンバウン朝もビルマ人主体の国でアラウンパヤーのもとで強大となった。コンバウン朝は東のタイを侵略し、アユタヤ朝を滅ぼすなど、ビルマの最盛期をもたらした。しかし、西隣のインドを植民地にしたイギリスの勢力がビルマにも及び、3次にわたるイギリス=ビルマ戦争に敗れて、1886年にビルマ王国は滅亡してイギリス領インドに編入さた。  現在のビルマにおける多数民族であり、ビルマ人だけではなくモン人やシャン人、カチン人、カレン人などさまざまな少数民族が存在している。また多くは仏教とであるが、最近は西南部のイスラーム教徒ロヒンギャとの問題が表面化している。 → ビルマ 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容