印刷 | 通常画面に戻る |

甲骨文字

中国で始まる漢字の起源となった文字。亀甲や獣骨に殷王が占いのために刻んだもので、卜辞ともいう。

甲骨文字
甲骨文字が彫られた獣骨
 亀甲や獣骨に刻まれた文字で、漢字のもととなった文字。殷時代に、殷王が戦争や狩猟に際して占うために使われたので卜辞とも言われる。殷墟からも多数発見された。甲骨文字はその後、周時代の青銅器に刻まれた金文、前3世紀末に篆書、3世紀の隷書を経て、7世紀に現在のような楷書に発展する。 → 文字

Episode 甲骨文字の発見と解読

 今から100数年前、清朝末の1899年に著名な学者であった王懿栄(おういえい)は、持病のマラリアの薬として北京の薬屋から「竜骨」を買い求めた。袋から取り出してみると、古そうな骨が出てきた。同席していた劉鉄雲がよく見ると、文字らしいものが彫られていた。二人はこれが金文よりも古い文字ではないかと考え、薬屋にどこから買い求めたか尋ねたところ、河南省の田舎で農民が掘り出していると聞いた。二人はたくさんの文字の刻まれた骨を集め、研究を始めた。ところが、1900年に義和団事件が起こり、王懿栄は外国軍隊が北京に入ったことを憤って、自殺してしまった。事変後、劉は王懿栄の集めた骨を譲り受け、1903年に「甲骨文字」と名付け、殷王朝の王が占いに使った卜辞であることを明らかにした。劉の友人の羅振玉(らしんぎょく)と王国維(おうこくい。いずれも著名な学者であった)は1911年、「竜骨」の出土する河南省安陽の小屯村の発掘を始めた。そこで得た甲骨文字を研究した王国維が、甲骨文に現れる王名は、『史記』に出てくる殷の歴代の王名と一致することを証明し、殷王朝の実在が明らかになった。<貝塚茂樹・伊藤道治『古代中国』講談社学術文庫版>

甲骨文と『史記』殷王名の一致

 甲骨文の初期の解読における大発見は、文中に見える王の名が『史記』殷本紀などに記された王の世系と大まかに一致したという点であった。この問題は羅振玉や王国維によって早くから指摘されており、現在では『史記』の系譜に多少の訂正を加える形で殷王の世系が復元されている。このように、甲骨文はそこに記載された卜占の内容も含めて、殷代史を検討する上で最も重要な手掛かりである。<中国出土資料学会編『地下からの贈り物』2014 東方書店 p.11>

甲骨を用いた卜占

 甲骨を用いた卜占の素材は主に亀の腹甲と牛の肩甲骨で、卜兆が現れやすくするために裏面に円形の鑽(さん)や楕円形の鑿(さく)と呼ばれるくぼみを彫り込んで、くぼみの部分に熱した炭あるいは木の棒などをあてて表面に現れたひび割れを読み解く。占いを行う人を貞人といい、貞人が読み取った卜兆は絶対的な存在である上帝の意図とされ、判断が下される。それが終了した後、卜兆の部分を避けて卜占が行われた日付、内容、貞人の名などが甲骨文字で刻まれる。甲骨文は硬い素材に刻み込まれるので基本的には直線的な字体を呈しており、同時期の文字である金文とのあいだで書体上の相違が生じる。実際に文字を刻んだ人々は貞人とは別の専門的技能者であったと考えられる。<同上書 p.12-13>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章3節 ウ.殷と周
書籍案内

貝塚茂樹・伊藤道治
『古代中国』
講談社学術文庫

中国出土資料学会編
『地下からの贈り物』
2014 東方書店