印刷 | 通常画面に戻る |

甲骨文字

甲骨文字

中国で始まる漢字の起源なった文字。卜辞ともいう。

亀甲や獣骨に刻まれた文字で、漢字のもととなった文字。殷時代に、殷王が戦争や狩猟に際して占うために使われたので卜辞とも言われる。殷墟からも多数発見された。甲骨文字はその後、周時代の青銅器に刻まれた金文、前3世紀末に篆書、3世紀の隷書を経て、7世紀に現在のような楷書に発展する。 → 文字

Episode 甲骨文字の発見と解読

 今から100数年前、清朝末の1899年に著名な学者であった王懿栄(おういえい)は、持病のマラリアの薬として北京の薬屋から「竜骨」を買い求めた。袋から取り出してみると、古そうな骨が出てきた。同席していた劉鉄雲がよく見ると、文字らしいものが彫られていた。二人はこれが金文よりも古い文字ではないかと考え、薬屋にどこから買い求めたか尋ねたところ、河南省の田舎で農民が掘り出していると聞いた。二人はたくさんの文字の刻まれた骨を集め、研究を始めた。ところが、1900年に義和団事件が起こり、王懿栄は外国軍隊が北京に入ったことを憤って、自殺してしまった。事変後、劉は王懿栄の集めた骨を譲り受け、1903年に「甲骨文字」と名付け、殷王朝の王が占いに使った卜辞であることを明らかにした。劉の友人の羅振玉(らしんぎょく)と王国維(おうこくい。いずれも著名な学者であった)は1911年、「竜骨」の出土する河南省安陽の小屯村の発掘を始めた。そこで得た甲骨文字を研究した王国維が、甲骨文に現れる王名は、『史記』に出てくる殷の歴代の王名と一致することを証明し、殷王朝の実在が明らかになった。<貝塚茂樹・伊藤道治『古代中国』講談社学術文庫版>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ウ.殷と周
書籍案内

貝塚茂樹・伊藤道治『古代中国』講談社学術文庫