印刷 | 通常画面に戻る |

文字

人類社会の高度化に伴って出現した記録技術。文字を持たない文明社会も存在した。

 文字の最初は絵文字であり、前3200年前頃、西アジアのシュメール人の都市ウルクで使い始めた絵文字が最も古いとされている。モノそのものを表す絵文字から、ある観念を表すことの出来る表意文字生まれた。前3000年頃にメソポタミアで楔形文字が普及した。他に前3000年頃のエジプトの象形文字(ヒエログリフ)、前13世紀頃の中国の甲骨文字から発達した漢字、などである。ギリシアのエーゲ文明では線文字が使用され、そのうちミケーネなどで見つかっている線文字Bは解読されている。インダス文明ではインダス文字が印象などで使用されていたが、これはまだ解読されていない。また文字には、インカ文明で用いられたキープのように、平面的な形でないものもある。北米大陸のマヤ文明では高度な絵文字であるマヤ文字が使用されていたが、忘れ去られてしまい、現在解読が進んでいる。

文明段階の指標

 このような表意文字の発生は人類の「文明」段階の重要な指標となる。文字はまず、都市国家において徴税記録や王統の記録など国家権力にとって必要なものとしてつくられてきたのである。これらの原初的な文字の多くは、古代文明の興亡の中で、多くが使用されなくなり、忘れ去られてしまい、現在は出土史料をもとに解読作業が進められているが、インダス文字のようにまだ未解読のものも多い。

アルファベット系の文字

 文明圏を超えた交易が始まるようになると、より普遍的な利用が可能な表音文字が現れてくる。西アジアに始まったフェニキア人のアルファベットは、さまざまなバリエーションを生み出しながらそれぞれ東西に広がっていく。フェニキア人のアルファベットからはギリシア文字が生まれ、さらにローマ字が作られる。西ヨーロッパの英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語などを書き表すアルファベットはいずれもそこから派生した。また、ローマ時代は大文字だけであったが、7世紀末のカロリング=ルネサンスの時代にカロリング小字体が作られ、ほぼ現在のような書体となった。一方、東ヨーロッパではビザンツ帝国がギリシア正教の布教のために用いたキリル文字が、後まで使用されることになる。
 フェニキア人のアルファベットと近い関係にあったと思われるアラム人のアラム文字は、アラム人が内陸の貿易に従事していたことから、西アジアでヘブライ文字やアラビア文字などが生まれただけでなく、中央アジアに広がり、突厥文字ソグド文字ウィグル文字モンゴル文字満州文字などにつながっていった。

漢字の広がり

 甲骨文字から生まれた漢字は東アジアに広がり、周辺諸民族は10世紀頃、そろって漢字をもとにして自らの文字を作った。契丹文字西夏文字女真文字がそれであり、日本の仮名文字も漢字をもとにして作られた表音文字である。

インド、東南アジアの文字

 古代インドではヒンディー語を書き表す文字としてブラーフミー文字が使用され、それはビルマ文字クメール文字などの東南アジアの文字に影響を与えた。

文字に先行するトークン

 なお、最近は文字の前段階にあると考えられる「トークン」が注目されている。メソポタミアの遺跡から出土する小さな粘土の塊に記号のような模様がほどこされているもので、何らかの意味を伝達、記録する「文字」として使用され、そこから絵文字に転化したのではないかと考えられている。最古のトークンは前8000年にさかのぼるとされるが、メソポタミアのどこかはわかっていない。前4400年ごろには多様化し、前3500年ごろに多数作られた。ついで前3200年ごろにシュメール人の都市ウルクで絵文字が現れてくる。<小林登志子『シュメル-人類最古の文明』2005 中公新書 p.34-37>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
序章 イ.文化から文明へ
書籍案内
ムアヘッド『文字の歴史』1956 ねずまさし訳 岩波新書

G・ジャン/矢島文夫訳
『文字の歴史』1990
知の再発見双書 創元社

A・ロビンソン『図説 文字の起源と歴史―ヒエログリフ、アルファベット、漢字』2006 創元社