印刷 | 通常画面に戻る |

東周

前770年、周王朝が都を洛邑に遷してから、滅亡した前256年までをいう。

が都を渭水流域の鎬京においていた時期を西周というのに対して、東方の洛邑に都を遷した周の東遷の以降を東周という。周王室の実質的な支配権は失われ、封建諸侯の自立が著しかったが、特にその前半の前403年までを春秋時代、後半を戦国時代という。周王室は戦国時代には一地方政権に過ぎない存在となっていたが、それも前256年に秦に滅ぼされ、周の時代は名実共に終わる。(東周の滅亡年代は249年説もある。)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 エ.春秋・戦国時代