印刷 | 通常画面に戻る |

五経博士

儒教の基本経典の五経を説く学者。

前漢の武帝は、董仲舒の意見をいれて儒学を漢の正統な政治理念として採用し、儒学の官学化を進めた。その際、儒学の根本の経典である『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』を五経として定め、それぞれの経典ごとにその教義の解釈、教授、普及を担当する学者を官職として五経博士を任命した。武帝はまた都洛陽に大学を設け、五経の各経ごとの専門の博士の下に、一〇〇人の定員で学生をおき、政府から俸給を支給して勉学にあたらせた。この五経博士のもとに全国から優秀な学生が集まってきたという。漢代の儒学は各経個別の研究にとどまり、訓詁学として発展したが、哲学的・体系的な深まりはまだ生まれなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ク.漢代の社会と文化