印刷 | 通常画面に戻る |

董仲舒

漢の武帝に儒学の官学化を提唱した儒学者。

漢の景帝、武帝時代の儒学者。河北省の出身で、若くして儒学を修め、賢良として推挙されて、武帝の諮問に応え、儒学の国教としての採用、郷挙里選による人材登用などを建言した。大土地所有を制限すべきであるとして限田策を提案したのも董仲舒であった。董仲舒は、孔子が魯国の年代記『春秋』で展開した政治批判を、現在に生かそうとしたものであり、これ以後の儒教と中国政治の密接な関係の基礎を築いたと言える。

Episode 董仲舒の勉強熱心

 董仲舒は大変勉強熱心で知られ、若い頃は勉学にうちこみ、三年間も庭に降りたことがなかったという。馬に乗っても書物のことで頭がいっぱいで、牝牡いずれかも気づかなかった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ク.漢代の社会と文化