印刷 | 通常画面に戻る |

紀伝体

中国の歴史書の一つのスタイル。

司馬遷『史記』から始まる、帝王の事績を記した年代記である「本紀」と、主要人物の伝記である「列伝」、および年表の「表」、諸制度について記述する「志」の4部から成る歴史書のスタイルを「紀伝体」といい、の班固の『漢書』で完成され、以後、各王朝の歴史書である正史の手本とされる。
本紀 紀伝体を構成する皇帝の事績を記述した部分を言う。
列伝 功臣や主要人物の伝記の部分を言う。
 年表の部分を言う。
 分野別の諸制度についてその変遷などを記述した部分を言う。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ク.漢代の社会と文化