印刷 | 通常画面に戻る |

日南郡

漢の武帝がベトナム中部に置いた郡。

漢の武帝南越を滅ぼした前111年に、北部ベトナムにおいた郡の一つで、漢の最南端の直轄領となった。交趾郡の南、現在のベトナム中部のユエの付近。じつなん(ジツナム)とよむのが正しい。166年にここに大秦王安敦の使者が渡来したという。後にはこの地にチャム人が自立するようになるが、彼らは中国では初め林邑、後に占城と言われ、自立してからチャンパーと称するようになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ケ.秦・漢帝国と世界