印刷 | 通常画面に戻る |

大秦国/大秦王安敦

後漢書の中でローマ帝国にあたると考えられている。

後漢の正史である『後漢書』に現れる国名であるが、ローマ帝国をさすものと言われている。

大秦王安敦

 中国の歴史書『後漢書』に、166年、大秦王安敦(アントン)の使者が日南郡(現在のベトナム中部)に渡来し、象牙・犀角・タイマイ(海亀の甲羅)などをもって都の洛陽に入貢した、という記事がある。この安敦は、ローマの五賢帝の一人マルクス=アウレリウス=アントニヌスであろう、と言われている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 ケ.秦・漢帝国と世界