印刷 | 通常画面に戻る |

北斉

東魏の皇帝から禅譲を受けた高洋が建てたが20数年で滅んだ。

550年、東魏から帝位の禅譲を受けた高洋は北斉の文宣帝を称した。しかし北方系軍人と漢人官僚の対立は続き、さらに西域商人の出身という和士開が実権を握るなど、混乱が収まらず、577年に北周に滅ぼされる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代