印刷 | 通常画面に戻る |

斉(南朝)

中国の南北朝時代、蕭道成が建国した南朝の宋に次ぐ王朝(479~502年)。

 中国の南北朝時代、479年に南朝の部将であった蕭(しょう)道成が宋の皇帝から禅譲されて成立した。蕭道成は即位して高帝となった。斉の時代は都の建康(現在の南京)を中心とした江南の生産力が高まり、貨幣経済が発達した。しかし皇帝には無軌道なものが多く、502年に一族の蕭衍によって倒され、蕭衍はを建国し、即位して武帝となる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代