印刷 | 通常画面に戻る |

門下省

中国の唐王朝などの中央政治機構。三省の一つ。

の中央官僚機構である三省六部の三省の一つ。中書省で起案された皇帝の詔勅を審議する機関。場合によっては修正や拒否をすることも出来た。門下省は単なる審議機関ではなく、北朝社会で成長してきた貴族たちの拠点となり、彼らに独占され、彼らにとって都合の悪い詔勅はここでチェックされ、実施されなかった。貴族が皇帝権力に制約を加える機関として重要だったのである。従って、唐以降の王朝で皇帝権力を強めていくためには、門下省は削減の対象となり、まず宋代になって門下省は廃止され中書省に吸収され、中書門下省(単に中書省ともいった)となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化