印刷 | 通常画面に戻る |

三省六部

中国の唐王朝の中央政治機構。多少の変更が加えられながら、基本的には明清まで継承され、その名称の一部は近代の日本でも用いられた。

三省とは、の政治の中枢で皇帝に直属する三機関。中書省門下省尚書省をいう。国家の最高意志である皇帝の詔勅は、中書省で起案され、門下省が審議した上で決定され、尚書省で執行されるという形をとり、起案→審議→執行を分離して貴族合議制をとることによって皇帝権力の独走で抑えるしくみになっていた。

六部

 リクブ、とよむ。三省の一つの尚書省の管轄下にある六つの行政機関。吏部・戸部・礼部・兵部・刑部・工部の六部門からなる。この分担は隋代にほぼできあがった。それぞれの長官を○部尚書とい。六部の体制はその後も中国の中央行政機関として維持されるが、元代には中書省の管轄に移され、明代に六部は皇帝直属となり、清にも継承される。

六部の分担

吏部 リブ。官吏の選任事務を管轄する。現代の日本で言えば、人事院。当初は科挙も担当していたが、736年に科挙(公務員資格試験)は教育部門を担当する礼部に移り、吏部は科挙合格者などを対象に官吏採用試験である吏部試を実施し実際の採用事務を行った。
戸部 コブ。戸籍及び財政事務を管轄する。現代日本の財務省兼総務省か。
礼部 レイブ。礼制、祭祀に関する事務を司る。官吏登用の前提の資格試験である科挙は当初吏部の担当であったが、736年からはこの礼部の管轄となった。教育部門も管轄したのでいわば現代の日本で言えば文部科学省が近い。
兵部 ヘイブ。軍事を担当し、全国の折衝府を管轄した。さしずめ防衛庁。
刑部 ケイブ。裁判(司法)を担当した。法務省と裁判所。
工部 コウブ。土木を管轄した。国土交通省。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
3章3節 イ.唐の制度と文化