印刷 | 通常画面に戻る |

陸九淵

南宋の儒学者。後の明代の王陽明に影響する。

 りくきゅうえん。陸象山ともいう。12世紀後半、南宋朱熹(朱子)と同時代の儒学者で、その論争相手として有名。陸九淵の思想は「心即理」に集約される。かれは朱子の「性即理」が心を「性」と「情」の二面からなり、そのうちの性を重視したのに対し、性と情は分析できず、渾然一体の物として理解すべきであり、それがそのまま理(宇宙の根本原理)であると主張した。その思想は、朱子の学説に対する反論として重要であったが、宋学の主流が朱子の学説によって占められることとなり、ようやく明代に王陽明よって取り上げられる。 → 宋代の文化
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章3節 オ.宋代の文化