印刷 | 通常画面に戻る |

欧陽脩

北宋の政治家、文章家。旧法党の一人。『新五代史』を著した歴史家でもある。

 おうようしゅう。11世紀中頃の宋(北宋)の政治家、文章家として著名である。科挙に合格して官僚として神宗に仕え、重職を歴任しながら、同時代の王安石や司馬光と政策論を戦わし、また古文の復興につとめた名文家として、唐宋八大家の一人とされる。また、仕えた政治家でもあり、王安石の新法に対しては批判的で、王安石が権力を握ると辞任した。 → 宋代の文化
 その主著は歴史書として『新唐書』、『新五代史』があり、大義名分論に基づいて華夷の別を明らかにすることに努めた。『新五代史』は、「嗚呼、・・・」という慨嘆の言葉が多用されているので、「嗚呼史」とも言われている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 オ.宋代の文化