印刷 | 通常画面に戻る |

ザンジュの乱

9世紀後半、アッバース朝で起こった黒人奴隷の反乱。

 869~883年、14年も続いたアッバース朝に対する黒人奴隷の反乱ザンジュとはアフリカのナイル上流地域、タンザニア、モザンビークなどからイスラーム圏に連れてこられた黒人奴隷のこと。彼らはモンバサやザンジバルなどからムスリム奴隷商人の手によってイスラーム圏に売られ、現在のイラク南部バスラ地域の農園で農業奴隷として働かされていた。アッバース朝の衰退に乗じ、多の下層民ともに869年に反乱を起こした。反乱軍は878年には「ザンジュ王国」を建設、独立政権となったが、883年にアッバース朝軍によって滅ぼされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 ウ.イスラーム帝国