印刷 | 通常画面に戻る |

イスラーム教

アラビアで7世紀の初め、ムハンマド(マホメット)が創始した一神教で、強大な宗教国家を建設し、世界宗教に発展した。

 イスラーム教は、「神(アッラー)は唯一にして、ムハンマドはその使徒である」ということを信じ、ムハンマドのことば(『コーラン』)を神の言葉と認める宗教である。7世紀の初め、アラビアでイスラーム教が成立し西アジアに急速に広がった。「イスラーム」(またはイスラム)とは、その言葉だけで神への絶対的な帰依、服従を意味するので、「教」をつける必要はないが、一般にその宗教体系を「イスラーム教」と言っている。以前は「イスラム」と表記されたが、最近はなるべく原発音に近い表記にしようというので「イスラーム」とされることが多くなった。別な言い方では、「マホメット教」とか「回教(かいきょう)」、「回回教(フイフイ教)」などとも言われる。回教は中央アジアに住むウィグル民族を中国で「回紇」の文字を当て、彼らがイスラーム教徒であったので、13世紀ごろからイスラーム教を意味する語を回教というようになった。 → イスラーム教の特徴 キリスト教仏教ヒンドゥー教

世界宗教としてのイスラーム教

 イスラームは当初はアラブ人の信仰であったが、ムハンマドの貧富や民族を超えた人間の神の前での平等を説く教えはまたたくまにアラブ人の枠を超えて広がり、ムスリム=神に身を捧げた者、といわれるその信者は西アジアを中心に世界に広がり、仏教キリスト教とともに三大世界宗教とされるに至った。その世界宗教としての優れた普遍性と明快さが西アジアの多数の民族、とくにイラン人、トルコ人に広がって、現在に至るまで世界史の大きな軸の一つとなっている。ムハンマドの死後はその教えは代々のカリフに継承され、その間も拡大を続け、アフリカ内陸部、中央アジア、インド、東南アジアに広がっていく。その間、正統性と教義をめぐって分裂が始まり、現在のイスラーム教はいくつかの宗派に分かれているが、世界全体で約12億人の信者がいるとされている。キリスト教徒は約20億、ヒンドゥー教徒(インドの民族宗教)が8.2億、仏教徒が3.6億なので、イスラーム教は第2位の信者数を持っているといえる。その主な分布は、西アジア・中央アジア・アフリカ・東南アジアであるが、最近はその地域から移住した人々が増加したため、アメリカやヨーロッパでのイスラーム教徒数が急増している。

イスラーム教の成立

 メッカにおいて、ムハンマドが啓示を受けてアッラーへの信仰を説き始めたのはキリスト教紀元(西暦)で言えば610年であったが、当初はメッカの大商人たちから迫害され、北方のメディナに移って教団を建設したのが622年、メッカ征服に成功したのが630年である。イスラーム教ではその紀元元年を、メディナに移った西暦622年ヒジュラ(聖遷)に置いている。この時、ムハンマドが建設した信者(ムスリム)の共同体をウンマという。632年のムハンマドの死後は、後継者のカリフに率いられて教団を拡大し、またムハンマドの言行録がコーランとしてまとめられたのは第3代カリフのウスマーンのころの650年頃である。

イスラーム国家の成立

 西暦622年にムハンマドがメディナに移り、ウンマ(信者の共同体)を建設したのが政治と宗教を一体化させた政教一致のイスラーム国家の始まりであった。それ以後、メディナは第3代正統カリフのウスマーンまで首都とされた。630年にムハンマドがメッカを制圧したが632年には死去した。その後、後継者のカリフのもとで急速にその勢力は拡大し、第2代のウマルの時にアラブ人諸部族はイスラームに改宗し、アラビア半島の統一がなされた。この正統カリフ時代(632~661年)の後も積極的な異教徒との聖戦=ジハードを展開、西アジア全域をその支配下に治め、イスラーム帝国としての態勢を整えた。 → ウマイヤ朝アッバース朝

イスラーム教の特徴

 イスラーム教の特徴の主なものは次の4点にまとめることができる。
  1. 厳格な一神教であること。「アッラーの他に神は無し!」。一神教であることはユダヤ教・キリスト教と共通するが、キリスト教(ローマ=カトリック教会)がイエスを神と一体として崇拝するのに対し、イスラームではムハンマドは崇拝の対象ではなく預言者にすぎない。
  2. 偶像崇拝の否定。アッラーの像やムハンマドの肖像は絶対に作られない。キリスト教その他の異教徒の聖像や神像の崇拝を激しく攻撃する。そのため、イスラーム文化では彫刻や絵画は発達しなかった。
  3. 政教一致であること。アッラーへの信仰によって結ばれる信者集団がすなわち国家である、とする。宗教的指導者カリフが、同時に政治上の権力者である体制が続く。オスマン帝国ではカリフとは別にスルタンが統治するようになったが、現代ではイスラーム原理主義の復興によりイランなどでは聖職者の政治的発言力が強い。
  4. コーランにもとづく信仰(六信)と厳格な生活規範(五行)の遵守義務。社会生活はコーランとハディースに基づくイスラーム法=シャリーアによって営まれる。飲酒の否定や、一夫多妻制の容認など、西洋キリスト教社会とは異質な規範が多く、しばしば文化摩擦となっている。

Episode 日本人イスラーム教徒第1号

 日本人でイスラーム教徒となる人は少ないが、第1号は1902年の山田寅次郎さんと言われている。1890年にトルコのスルタンであるアブドゥル=ハミト2世が日本に派遣した使節の乗った軍艦が、帰途台風のため南紀沖で沈没し乗員609人中540人の死者を出すという事件があった。山田寅次郎は遭難者や遺族のために義捐金を募り、1892年に単身トルコに赴きそれを献上した。異例の歓迎の中で数年滞在して帰国するが、その後何度か両国を往復し、両国の友好につくした。1902年、スルタン自らの勧めでイスラーム教に入信し、アブドゥル=ハリールというムスリム名を授かったという。<この項、中村廣治郎『イスラム教入門』1998 岩波新書 p.13>
 なお、アブドゥル=ハミト2世は、オスマン=トルコ帝国の最後のスルタンで、1909年に退位する。
 また、日本人で最初にメッカ巡礼者となったのは陸軍の通訳官だった山岡光太郎で、彼は1909(明治42)年にメッカ巡礼を果たし、その巡礼記『世界の秘境アラビア縦断記』を刊行した。<同上 p.15>
 山岡光太郎のメッカ巡礼コースを題材とした問題が2007年のセンターテスト「世界史B」で出題されている。

イスラーム教の拡張・変質

 ムスリム商人の活動 シリアへの進出 エジプトのイスラーム化 イスラームの西方征服(マグリブのイスラーム化) トルコ人のイスラーム化 イラン人のイスラーム化 イスラームのインド侵入 東南アジアのイスラーム化 イスラームのヨーロッパ侵入 イスラームのビザンツ帝国侵攻 神秘主義/スーフィズム インドのイスラーム教徒 イスラーム改革運動 ワッハーブ派 イスラーム原理主義
急激な拡大の理由  7世紀初めに成立したイスラーム教が、半世紀もたたないうちに西アジアに広がり、さらに周辺の世界に伸張していったのはなぜだろうか。その問題を考える際には、イスラーム教を受け入れた側の状況も視野に入れておく必要があるだろう。次のような簡潔な意見が参考になる。
(引用)彼らは636年にビザンツの軍隊を撃破し、やがてエジプトや小アジアの疲弊した国々の支配権も握った。彼らの新しい宗教思想は、ビザンツの抑圧的なキリスト教や、神秘主義的なゾロアスター教の間で身動きが取れなくなっていた民衆から熱狂的に迎えられたに違いない。そこには、まったくシンプルな信仰があった。人間と神を隔てる障害物の役目をする聖職者もいなければ神殿もなく、その前ではすべての民族や階層が平等である。たったひとりの本当の神への信仰があるだけだった。<クリス・ブレイジャ『世界史の瞬間』2004 青土社 p.72>
「コーランか剣か」は大きな誤解  行ったアラブ=ムスリム軍の征服活動の圧倒的な勝利の背景には、彼らの士気の高さとともに、ササン朝ペルシアやビザンツ帝国の統治の弱体化と民衆の離反などさまざまな理由が考えられる。しかし、何よりもアラブの征服軍がイスラーム信仰によって統制された、規律ある軍隊であったことが重要である。
 一般にアラブの征服軍は「コーランか剣か」の二者択一を迫り、イスラーム教を受け入れなければ容赦なく剣にかけて征服したとされているが、これはイスラーム軍の圧倒的な強さにおびえた現地のキリスト教との誤解がそのまま後世に伝えられたに過ぎない。実際にはアラブの征服には、(1)イスラームに改宗するか、(2)人頭税(ジズヤ)を納めて従来の信仰を保持するか、(3)これらを拒否してあくまで戦うか、の三通りがあった。アラブ軍は征服地のキリスト教徒やユダヤ教徒を「啓典の民」(ムハンマドと同じく預言者にる神の啓示を信ずる民の意味)と認識し、人頭税の支払いを条件にその信仰を認めていた。<佐藤次高『イスラーム世界の興隆』世界の歴史8 1997 p.80>

イスラーム教の分裂

 正統カリフ時代以来、イスラームは教義やカリフの地位を巡っていくつかの分派に分かれていった。分派が分かれていった本体は、スンナ派といわれ、多数派を形成している。現在まで続く分派としては、第4代カリフのアリーの子孫のみを正当な指導者と信じるシーア派(少数派)があり、さらにシーア派から別れた十二イマーム派、イスマーイール派などがあり、またアリーを支持しながらそれを見限り、暗殺したハワーリジュ派などがある。

イスラーム神秘主義

 イスラーム教が西アジアに定着していく一方、ムハンマドやその弟子たちが生きていた時代から遠くなるに随い、信仰のあり方や日常生活の規範として『コーラン』や『ハディーズ』に基づくことが強調され、その解釈を行うイスラーム法学者であるウラマーの権威が強まっていった。ウラマーの教えは形式的なイスラーム法の遵守を主張するの律法主義に陥っていった。それに対して、日常生活と自我の意識から脱却して神への絶対的な服従の道を実践する少数の修道者が生まれ、彼らはスーフィーと言われ、その運動は総じて神秘主義(スーフィズム)ととらえられている。
 10世紀頃までに各地にスーフィーを聖者としてあがめる神秘主義教団が形成されていったが、彼らは民衆の現実的な要求に応じながら神との一体感を得るというわかりやすい教えによって広く民衆に受け入れられていった。またムスリム商人の活動と結びついて、西アジア以外のアフリカ内陸や南インド、東南アジアにイスラーム教が広がっていく上で重要な役割を果たした。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
4章1節 ア.イスラーム教の誕生
書籍案内

中村廣治郎
『イスラム教入門』
1998  岩波新書

クリス・ブレイジャ
/伊藤茂訳
『世界史の瞬間』
2004 青土社

佐藤次高
『イスラーム世界の興隆』
世界の歴史 8
1997 中央公論新社

M.S.ゴードン/奥西俊介訳
『イスラム教』
1994 青土社