印刷 | 通常画面に戻る |

西ローマ帝国の滅亡

476年、ゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされる。

395年の東西分裂後も、西ローマ帝国は存続したが、4世紀に始まるゲルマン人の大移動の波がその領内に及ぶようになり、5世紀にはいるとゲルマン人、さらにアジア系のフン人がローマをたびたび掠奪し、大きな脅威にさらされるようになった。帝国の防衛もゲルマン人傭兵部隊に依存しなければならず、皇帝は傭兵部隊の意向でたびたび廃位された。

5世紀のゲルマン人・フン人の侵入

 406年 東ゴート人の侵入
 410年 西ゴート人アラリックのローマ掠奪
 430年 ヴァンダル人ガイセリック、アフリカに入りピッポでローマ軍を破る。
 451年 フン人のアッティラ大王のガリア侵入
 452年 アッティラ大王、ローマに侵入。ローマ教皇レオ1世による説得で撤退。
 455年 ヴァンダル人のガイセリック、ローマ掠奪
 474年 ガイセリック、アフリカ・シチリアその他の地中海諸島を領有。
 475年 西ゴート人のスペイン領有、ブルグンド人などのガリア分割。
 476年 西ローマ帝国、オドアケルによって滅ぼされる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 カ.西ローマ帝国の滅亡