印刷 | 通常画面に戻る |

フン人

4~5世紀にヨーロッパに侵入したアジア系遊牧民。北匈奴の子孫とされるが不明な点も多い。5世紀にアッティラに率いられ、ヨーロッパに侵攻し、大帝国を立てたが、帝国はその死後崩壊した。

 一般的には「フン族」と言われることが多い。中国の歴史書に現れる匈奴が前1世紀に漢に討伐され、南北に分裂し、その北匈奴が西方に移動したのがフン人であると言われるが、不明なことも多い。実態はトルコ系・モンゴル系を含む遊牧・騎馬民族と考えられる。2世紀頃、バイカル湖方面から西方に移動を開始し、4世紀には南ロシアのステップ地帯に入り、370年ごろ、ゲルマンの一部族東ゴート人の居住地に侵攻した。それを契機として東ゴート人はそれを逃れるためローマ領内に移動、ゲルマン人の大移動の引き金となった。

アッティラの大帝国建設

 フン人はその後、パンノニア(現在のハンガリー)を中心に現在のドイツ、ポーランドを含む地位に帝国を建設、5世紀前半のアッティラ大王の時全盛期となる。アッティラは東ローマ、西ローマと戦って領土を拡大したが、451年のカタラウヌムの戦いで西ローマ・西ゴートの連合軍に敗れ、翌年イタリアに侵入したが疫病のため撤退、その死後は急速に衰え、滅亡した。
 なお、現在のハンガリー人を、フン人の後裔とする説明があるが、それは誤り。ハンガリー人はフン人とは異なるアジア系遊牧民マジャール人の後裔である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章1節 イ.ゲルマン人の大移動