印刷 | 通常画面に戻る |

巡察使

フランク王国の地方官を監督する役職。

フランク王国で国王の代理人として派遣され、地方の辺境伯を監督する官職。按察使ともいう。802年、カール大帝が制度として設けた。彼は全国を巡察使管区に分け、毎年聖職者一人と俗人一人の巡察使を巡回させ、地方政治を監督、また民衆の役人への不満を聞き、裁判を行い、康応に報告させた。カールの死後は制度は形骸化し、巡察使は地方に居着いてその地方の諸侯となる者もあった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 オ.カール大帝