印刷 | 通常画面に戻る |

フランク人/フランク王国

ゲルマン人の一部族でライン川と右岸からガリアに侵入し建国。

フランク人

 ライン川東岸にいたゲルマン人の一派のフランク人はゲルマン人の大移動の中で、5世紀に北ガリアに侵入した。フランク人はサリ族とリブアリ族という支族にわかれ、それぞれ『サリカ法典』、『リブアリ法典』というラテン語で書かれた部族の規則をもっていた。

フランク王国の建国 481年

 481年、フランク人のサリ族のメロヴィング家のクローヴィスがフランク人の各部族を統一、ガリア(後のフランス)北部にフランク王国を建国した。これがメロヴィング朝の始まりである。

メロヴィング朝 481年~751年

 メロヴィング朝のフランク王国は、他のゲルマン諸民族がアリウス派のキリスト教を受け入れたの対し、496年にクローヴィスが改宗してアタナシウス派に帰依し、ローマ=カトリック教会と関係を深めてから、急速に勢いを増していった。534年にはブルグンド王国を滅ぼしてガリアを統一した。
 しかし、メロヴィング朝はゲルマン人の分割相続制を継承していたので、6世紀半ばには東北部(アウストラジア)、中西部(ネウストリア)、南部(アクイタニア)、東部(ブルグンド)の4つに分けられ、それぞれ国王をいただいて争うという分裂期となった。7世紀初めクロタール2世の時に統一は回復されたが、それ以後の国王は怠惰、無能なものが多く、クロタール2世を助けたピピン(大ピピン)のカロリング家が宮宰(マヨル=ドムス)として実権を振るうようになった。またこのころから、ヨーロッパ南部へのイスラームの侵入が激しくなり、メロヴィング朝は危機に陥った。732年にカロリング家の宮宰カール=マルテルが活躍してをトゥール・ポワティエ間の戦いで撃退し、カロリング家の名声がさらに高まった。

カロリング朝 751年~987年

 カール=マルテルの子ピピン(小ピピン)が751年に王位に就き、カロリング朝を創始した。次のカール大帝の時代に全盛期を迎えた。この間、ピピンは北イタリアのランゴバルド王国(ロンバルド王国)から奪った土地(ラヴェンナ地方)をローマ教皇に寄進し(ピピンの寄進)、さらにカールは774年に北イタリアに侵攻してランゴバルド王国を滅ぼし、800年にローマ教皇からローマ帝国皇帝の冠を授けられ(カールの戴冠)、ローマ教会の保護者としてキリスト教世界の中の権威を獲得、同時に西ヨーロッパ全域を支配する王国の王権を獲得した。

カール大帝

 カール大帝は現在のフランス・ベルギー・オランダ・ドイツ・北イタリアを合わせた地域に加えて、東方ではハンガリーに侵入したアヴァール人を撃退し、イベリア半島ではイスラーム勢力と戦った。その支配は現在の西ヨーロッパ世界と同じ広範囲におよび、アーヘンの宮廷にはイギリスから神学者アルクィンを招くなど、カロリング=ルネサンスと言われる古典文明の復興に努めた。しかし、地中海はイスラーム勢力によって抑えられたため遠隔地貿易は行われなくなり、貨幣経済も衰えて農業生産を基盤とした封建社会が始まることとなった。

フランク王国の分裂

 封建制度のもとにあったフランク王国は統一性が弱く、カール大帝の死後は分割相続というゲルマン社会の相続制度もあって、その領土は843年のヴェルダン条約・870年のメルセン条約をへて東フランク西フランク、イタリアの三国に分割され、それぞれが後のフランス、ドイツ、イタリアの起源となる。カロリング家の王位は三国で世襲が続いたが、まずイタリアで875年に断絶し、次いで東フランクでは911年、西フランクでは987年にそれぞれ断絶した。