印刷 | 通常画面に戻る |

自治都市/都市共和国/コムーネ

中世において封建領主から自立して自治権を認められた都市を自治都市という。特にイタリアで発達し、都市共和国(コムーネ)を形成した。

 都市の歴史の中で、中世封建社会において、封建領主に他する貢納の負担を免除され、また領主裁判権の及ばない都市を自治都市という。特に北イタリアの諸都市は有力市民層を中心にして、封建領主に対する長い戦いであるコミューン運動を続け、10~11世紀ごろに自治権を勝ち取っていった。そのような北イタリア中世の自治都市から発達した都市共和国をコムーネ(Comune)という。

北イタリアのコムーネ

 イタリアの都市はその地域の領主に服し、行政は教会の司教が行うことが多かったが、10世から11世紀にかけて、北イタリアでの都市の商工業の発展を背景に、ミラノなどの市民(その中心が商人ギルド)が自治権を獲得していった。大商人は封建領主と抗争する際、ローマ教皇の支持を受けることが多かった。都市の権力を握ると大商人層は新たな都市貴族となっていった。

都市共和国の発展

 また周辺の農村で解放された農奴が都市に流入し、都市人口も増加する。手工業者の同職ギルドの親方など中産階級は、都市貴族と対立するようになり、13世紀ごろには一定の共和政を実現させるが、両者の対立からくる混乱を武力と財力で抑えた独裁者が出現するようになる。15世紀のフィレンツェのメディチ家はその典型である。

都市同盟の形成

 また北イタリアのコムーネ(自治都市)は12~13世紀、神聖ローマ皇帝のイタリア政策による攻撃にさらされ、ロンバルディア同盟という都市同盟を結成する。

ゲルフとギベリンの争い

 一方、皇帝と教皇の争いは、都市同士、または都市の内部に、教皇党(ゲルフ)皇帝党(ギベリン)の対立をもたらす。神聖ローマ皇帝の支配に対抗しようとした大都市は教皇党となり、中小都市や封建領主層は皇帝となることが多かったが、都市内部においても新興の有力商人層は教皇党、保守的な大商人層は皇帝党を支持していたとされる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ウ.中世都市の成立