印刷 | 通常画面に戻る |

ケルン大聖堂

13世紀に建設が始まったドイツのゴシック様式の代表的建築。19世紀に完成した。

ケルン大聖堂

ケルン大聖堂

ゴシック建築の代表例

 ライン川西岸にあるローマ時代からの都市ケルンの中心にあるケルン教会にはドイツにおけるカトリックの中心地で大司教座がおかれた。ケルン大司教は神聖ローマ帝国の皇帝選出権をもつ七人の選帝侯の一人でもあった。

世界遺産 ケルン大聖堂

 ケルン教会の大聖堂は1248年に起工され、その後も建築が継続され、16世紀にいったん中断、フランスの支配以降は荒廃が進んだ。1842年、プロイセン王フリードリッヒ・ヴィルヘルム4世が工事を再開し、ドイツ帝国成立後の1880年に完成したものである。中世のゴシック様式による尖塔は、高さ157mに達し、ドイツの統一を象徴するものであった。パリのエッフェル塔が完成するまでは、ケルン大聖堂が世界で最も高い建造物だった。
 ケルンは第二次世界大戦でも連合軍の旧幕に晒され、ケルン大聖堂も破壊された。現在のケルン大聖堂は、戦後に復旧工事が行われ、完全に復活したもので、1996年に世界遺産に登録された。 → ユネスコの世界遺産リストケルン大聖堂
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章4節 ウ.美術と文学