印刷 | 通常画面に戻る |

アナーニ事件

1303年、フランス王フィリップ4世がローマ教皇を拉致した事件。

1303年9月、フランスの強硬な反教皇派であったモンペリエ大学教授のギヨーム=ド=ノガレは、部下を連れてアルプスを越え、ローマ郊外のアナーニに滞在していたローマ教皇ボニファティウス8世を急襲して捕らえ、退位を迫った。ボニファティウス8世は頑固に拒否を続けるうち、ローマからの援軍に救出された。しかし1ヶ月後に急死した。死因は持病の結石だったが、最後は精神錯乱状態で、アナーニの屈辱がショックであったらしい。ノガレがボニファティウス8世を襲撃したのは、フィリップ4世には知らせていなかったと言われているが、結果的にフランス王フィリップ4世がローマ教皇との抗争に勝利したこととなり、教皇権の衰退を象徴する事件となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 カ.教皇権の衰退