印刷 | 通常画面に戻る |

フィリップ4世

フランスのカペー朝の国王。1303年アナーニ事件で教皇を幽閉。

 フランス王国・カペー朝の国王(在位1285~1314年)。美王(ル=ベル)。フランス絶対王政の基礎をつくった国王として重要。婚姻・相続によってシャンパーニュ、ナヴァール、フランシュ=コンテなど領土を拡大。さらにフランドル、ギエンヌの獲得を目指し、軍備の増強を進めた。

教皇との対立と三部会開催

戦費調達のため教会・修道院に課税しようとしてローマ教皇ボニファティウス8世と対立、1302年にフランス最初の三部会を開催してその支持を取りつけた。1303年、アナーニ事件でボニファティウス8世が憤死すると、ローマ教皇庁への圧力を強め、1309年からはローマ教皇をフランスのアヴィニヨンに移した。これを「教皇のバビロン捕囚」(または「教皇のアヴィニヨン捕囚」)という。また、国内で独立した勢力となっていた宗教騎士団の一つ、テンプル騎士団を弾圧、1312年に解散させ、その所領・財産を没収し、総長ド=モレーらを処刑した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章3節 キ.イギリスとフランス