印刷 | 通常画面に戻る |

教皇のバビロン捕囚

14世紀初め、ローマ教皇がフランス王の手でアヴィニヨンに移されたこと。

 アナーニ事件(1303年)でローマ教皇ボニファティウス8世が憤死した後、フランス人でボルドー司教だったクレメンス5世が教皇となった。1309年、フランス王フィリップ4世はクレメンス5世に圧力をかけ、南フランスのアヴィニヨンに教皇庁を移させた。それ以後、1377年まで約70年間、ローマ教皇はローマを離れ、アヴィニヨンに居ることとなる。このことを旧約聖書に出てくるユダヤ人のバビロン捕囚になぞらえて、「教皇のバビロン捕囚」とか、「教皇のアヴィニヨン捕囚」と呼んでいる。これは次に起こる教会大分裂と共に、ローマ教皇権の衰退を示すものである。
 また、1309~1377年の間のアヴィニヨンのローマ教皇の歴代はフランス人に占められた。その間、イギリス(イングランド)とフランスの間で王位継承問題に端を発した対立から、1337年に宣戦布告となって百年戦争が始まるが、それまでであればローマ教皇が両国の仲介に立つところであるが、イギリス側から仲介を依頼する状態ではなかった。このことも百年戦争の深刻化の背景の一つである。

教皇のローマ帰還と大分裂

 ローマ教皇のローマ不在は教会の異常事態として、その帰還を望む声が強まっていった。イタリアでは人文学者のペトラルカがかつてのローマの栄光を取り戻すためには教皇の帰還が必要だと盛んに詩に歌って訴えた。中には教皇の不在は災いのもとであると不吉な予想をするものも現れた。そのような中で、プラハを拠点としていた神聖ローマ帝国の皇帝カール4世はアヴィニヨンの教皇を支援して、その帰還に尽力した。それらの運動によって、1377年にようやく教皇グレゴリウス11世がローマ帰還を果たした。しかし、翌年グレゴリウス11世が死去すると、イタリアのフランスの枢機卿の間に争いが生じ、フランス人枢機卿はローマとは別にアヴィニヨンに教皇を建てたので、教会大分裂に突入してしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章3節 カ.教皇権の衰退