印刷 | 通常画面に戻る |

里甲制

明の洪武帝が採用した隣保制度。

 洪武帝は、モンゴル人の支配と、元末の農民反乱によって荒廃した農村を立て直し、国家の基盤として賦役をしっかりと徴収できる体制を作るため、1381年に里甲制を全国に施行した。これは地域的に隣接した一一〇戸を一里とし、富裕なもの一〇戸を里長戸、残りの百戸を甲首戸として、全体を一〇甲に分け、各甲に甲首、各里に里長をおき、毎年順番で一甲一里を管理させる(一〇年サイクルの輪番となる)制度。里甲制に編入された農民は、地主・自作農であり、租税納入義務を負う農民であった。その他の小作農や土地をもたないものは、畸零戸として里に付属させられた。里長、甲首は「賦役黄冊」を作成し、賦役徴収・治安維持などの末端組織となった。また里には、長老格の人物を<里老人とし、里のもめごとの裁定などの裁判の任務を与えた。

民戸

明の里甲制で賦役黄冊に記載された戸。

 明代の農民、商人、手工業者らで里甲制に組み込まれ、賦役黄冊(戸籍および租税台帳)に記載された戸。戸籍制度上で「民戸」、「軍戸」(軍籍に編入され、衛所に所属する戸)や「匠戸」(中央の工部に管轄された手工業者の戸)などに区別することは元代から始まり、明が継承した。

里長戸

明の里甲制で、富裕な戸が任命された里長の戸。

 明の里甲制において、一一〇戸からなる一里の中で、特に富裕な一〇戸を里長戸とした。里長戸は一年交替(つまり一〇年周期)で里長として里の統括に当たり、賦役黄冊を作成し、賦役徴収などの事務にあたり、治安維持などの責任者となった。

甲首戸

明の里甲制で、里長戸以外の戸、10戸で1甲を編制した。

 里甲制において、一一〇戸から成る一里の中で、富裕な一〇戸の里長戸を除いた一〇〇戸を甲首戸という。甲首戸は一〇戸づつ甲を形成し、甲ごとに一年交替(つまり一〇年周期)で、徭役を負担した。

里老人

明の里甲制で里に置かれた役職。

 里甲制での里(一一〇戸の民戸からなる)の人望のある長老格の人物が選ばれ、里の紛争調停や六諭を読み上げて民衆の教化にあたった役職。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第7章1節 イ.明初の政治