印刷 | 通常画面に戻る |

李贄/李卓吾

明の儒学者で独自の男女平等論を説く。

 りし。または李卓吾(りたくご)とい。16世紀後半、末の嘉慶帝・万暦帝の頃の儒教思想家で、王陽明の陽明学の系譜に属する。福建省の泉州出身で、イスラーム教徒の家系に生まれたという。科挙の第一段階の郷試に合格し挙人となったが、第二段階の受験を放棄して、下級官吏となった。54歳で辞職して自由な思索に入り、「童心」を理想として権威にしがみつく学者を痛切に批判、周囲と妥協することのない過激な議論は次第に危険視され、1602年に逮捕され、獄中で自殺した。その男女平等の論など、時代に先んじた思想は、近代中国で高く評価されるようになった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 オ.明後期の社会と文化